FC2ブログ

プロフィール

梨秋

Author:梨秋
梨秋(りしゅう)風月へようこそ。
ここでは私が日々書き綴った二次創作SSやら趣味やら、日常やらをアップしていきたいと思っています。

なお、個人的なファンサイトであり、公式サイト様とは一切関係ありません。

百合・GL要素を多く含んでおりますので、苦手な方は回れ右でお願いいたします。

現在の取り扱いジャンルは
『けいおん』唯梓

いずれは他のCPも書いてみたいなぁ。

なお、このブログはリンクフリーとなっております。


最新記事


最新トラックバック


カテゴリ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


参加ランキング・サーチ

けいおんRANK
k-on!rank
Girls Love Search
★☆けいおん!総合RANKING☆★
人気ブログランキング
駄文同盟.com
参加しているランキングや検索サイト様です。
百合サイトやけいおんサイトがいっぱいあるので行ってみてね♪

DATE: CATEGORY:連載
唯梓
前作『揺れる想い、変わらぬ笑顔(4)』の続きとなります。
これで完結。最終話です。拙い文章ですが、どうぞお読みください。


『揺れる想い、変わらぬ笑顔(5)』


唯先輩は変なあだ名つけてくるし、いつでもどこでも抱きついてくる。ギターの練習もまじめにしないし、部活中もお喋りしてばっかりだ。だらしないところを挙げだしたらキリがない。私の好きなタイプとは、はっきり言って正反対。
それでも、あずにゃんって呼ばれると嬉しくて、抱きしめてもらうと温かくて、やる時はやる人だっていうのは、この1年間を通じて思い知った。きっと、いいところを挙げだしてもキリがない。
唯先輩はそんな不思議な人。

私は――そんな唯先輩が好きなんだ。


顔は火照り、心臓はこれでもかとばかりに暴れまわっている。
身体もどこか熱に浮かされているかのようにふわふわと心もとない。

それなのに――唯先輩から視線を外せない。

「あず……にゃん……」
「ゆ…い、せんぱ……い」

唯先輩の声に引き寄せられるかのように、身体はフラフラと近づいていく。
頭が回らない。私は何をしようとしているんだろう。分からない。もっと唯先輩の側へ――。

視線は絡み合い、そこに帯びる熱を確かに感じる。甘えるような、蕩けるような、探るような、何かを訴えかけるような、そんな視線。
もう止まれない。

唯先輩がそっと瞳を閉じた。

「ん……」
そして漏れるようなかすかな息遣い。浮かんでいるのは、必死ではあるが穏やかな、何かを決意したような表情だ。

「唯……せんぱい……」


そして、ついに唇が――



「ただいまー」
「っ!」

玄関の方から、扉が開く音とほぼ同時に憂の声が飛び込んできた。
何が起こっているか分からない。頭のどこか冷静な部分がすぐに離れるように警鐘を鳴らしているが、突然の出来事に身体は動かない。私、唯先輩から離れることを嫌がってるのかなーなんて暢気なことが頭をよぎった。
そんな中、なんとか視線を唯先輩に向けると、こちらも何が起きているか分からないようで、目を見開きぽかんとした表情を浮かべている。

「お姉ちゃん、梓ちゃんもう来てる?」
唯先輩に呼びかけながら、キッチンへ近づいてくる。

……っ! そんな場合じゃなかった、早く離れないと。ふと我に返り、よろめくように唯先輩から離れる。
次の瞬間、キッチンの扉が開き、憂が覗き込むように現れた。

「あ、梓ちゃん。いらっしゃい、もう来てたんだね」
「う、うん。お邪魔してます」
いまだ回り始めない頭で、どうにか不自然じゃない程度に答えを返す。さきほど見つめあっていた時とは違う意味で心臓は暴れている。

「ん? お姉ちゃん、どうしたの?」
「えっ? あ、いや、あはは、何でもないよぉ?」
相変わらず反応が追いついていない唯先輩を不思議に思ったのか、憂が声をかける。びくっと跳ねるように、なんとか笑顔を取り繕い唯先輩が答えたが、その様子を不審に思わないわけがない。ん?と首を傾げ、唯先輩に憂が近づいていく。

「わ、お姉ちゃん、その手どうしたのっ? 真っ赤になってるじゃない」
「こ、これ? カレー作ろうとしたらちょっと火傷しちゃって。だからあずにゃんに見てもらってたんだ」
「そっか、待ってて。氷とお薬持ってくるから!」
さすが憂、お姉ちゃんの一大事とみるや、驚くべき速度で飛び出して行ってしまった。おそらくリビングにある救急箱でも取りに行ったのだろう。

そうして、再び訪れる2人だけの時間。

「あ、えっと……その……」
「は、はい。なんでしょうか」
き、気まずい。さっきまで無我夢中で唯先輩を求めようとしていた分だけ、どうしたらいいか分からない。唯先輩もさきほどの状況を大いに意識しているらしく、口を開いては閉じ、くるくると指を回し、よく分からないジェスチャーを繰り返している。

そして、唯先輩は何度か同じことを繰り返した後、ぎゅっと目を閉じ、真っ赤な顔で叫んだ。
「わ、私、あずにゃんのこと大好きだから! 本気だから! そ、そういうことで!」
叫んだと思った瞬間、エプロンを翻し、脱兎のごとく駆け出してしまった。


「え、ちょ、ちょっと唯先輩! 待ってください!」
さっきまでの複雑な想いを孕んだ空気をすっかり忘れ叫び返すが、唯先輩の逃げ出すほうが早く、ついに1人キッチンに取り残されてしまった。

……っっ! なんで自分だけ言って逃げるのよー!!

やっと、やっと自覚したのに。
自分だけ宣言して、答えも聞かずに逃げ出すなんてあんまりだ。そんなのずるい。
想い余ってそう憤慨する一方、いつも全力投球で後先を考えない唯先輩らしいなと思う自分が居ることも自覚している。可愛いなって思ってしまう。惚れた者の弱みというやつだろうか。


――はぁ。
大きくため息を付き、思う。


伝えよう。きっと唯先輩は今頃部屋でどうするべきか悩んでいるはずだから。
あんな風に叫んで逃げ出してしまったけれど、私が今日お泊りすることを思い出して、どうするべきか悩んでいるはずだから。

自覚したばかりのこの想い。しっかりと伝えよう。
好きな人が困っているなら、助けてあげないといけないから。

少なくとも唯先輩は、ちゃんと想いを届けてくれたから。
だから、私も。


この想い、届けよう。

気持ちを伝えることへの恐怖は確かにある。それでも。伝える。

さあ――行くよ。中野梓。

想いよ、届け――。







おしまい
スポンサーサイト



テーマ : 二次創作:小説 - ジャンル : 小説・文学

DATE: CATEGORY:連載
唯梓
前作『揺れる想い、変わらぬ笑顔(3)』の続きとなります。
やっと物語が動き始めます。どうぞお読みください。



『揺れる想い、変わらぬ笑顔(4)』



それは唯先輩が料理を始めて15分ほどが経った頃に起こった。
今何をしているんだろう、順調なのかなと、ギターも手に付かず、キッチンの方をちらちらと確認する回数が2桁に達しようとしている頃合だった。

「熱っ!」

「……っ! 唯先輩っ! どうかしましたか」
唯先輩1人だけでの料理だ。何かあるだろうと予想はしていたものの、案の定、台所から唯先輩の悲鳴が聞こえてきた。
反射で立ち上がり、慌てて駆け寄ってみると、軽く涙目になりながら右手を押さえている唯先輩が目に入る。

「あずにゃぁん……」
「見せてください!」
「え? わわっ」
状況を確認するため、涙目でこちらを見つめる唯先輩の手をひったくり両手で抱え込むように検分する。
指先赤くなってる。やっぱり火傷しちゃったんだ。
もうだからあれほど一緒にしましょうって言ったのに。
どうしよう。火傷の応急処置ってどうやるんだっけ。まずは水で冷やすんだったよね。

「えっと……あずにゃん?」
「ちょっと待ってください。今考えてますから」
それで氷を当てて、その後は……
あっ薬ってどこにあるんだろう。憂に連絡して聞いてみないと。

「あの、あずにゃん……?」
「だから待ってくださいって言ってるじゃないですか。……っ!」
穴が開くほど見つめていた指先から、ようやく視線を上げると、頬を上気させ私を見つめる唯先輩とばっちり目が合ってしまった。それこそ見ようによっては、手を取り愛を囁いているかのような距離で。
その長い睫毛に縁取られた大きな瞳は潤み、いつもの天真爛漫な輝きは影を潜め、恥じらいの色を見せている。

「えーと、あのね、あずにゃん。心配してくれてるのはすごく嬉しいんだけど、そんなに手握りしめられたら照れちゃう……かな」
言ってる途中に羞恥が限界を迎えたのか、頬を真紅に染め、長い睫毛は伏せられていく。
それは呟きにも似たか細い声。後半部分にいたっては声にすらなっていなかったかもしれない。
それなのに。
唯先輩の言葉は私の脳に、心に鮮明に響く。

「すみません!」
とっさに硬く握っていた手を離し、大きく飛びのく。しかし火傷した唯先輩を放ってどこかに逃げ出すわけには行かず、その場で何とか踏みとどまる。
とっさのことで仕方がなかったとはいえ、いったいなにをしてるの私っ。いやでも、治療をしないといけないし。
あまりの恥ずかしさで上手く回らない頭で何とかそれだけを考え、唯先輩の様子を探るように視線を上げると――

伏せられた睫毛、真っ赤に染まった頬、羞恥に縮こまる小さな肩。
そして――私の様子を窺おうと送られる熱い視線。そこに確かに、羞恥だけではない何かを、確かに感じた。

その瞬間、私の奥から何かが溢れ出てきた。
唯先輩への想い、心、気持ち。
名前なんて何でもいい。ただ胸の奥底から熱い何かが溢れてくる。

さっきからずっと感じていた想いが、比較にならないほどの熱を持って私の中から噴き上がる。

心が、唯先輩を求めてる。もっといろんな表情を見てみたい。この人と一緒にいたい。
気持ちが、唯先輩の温もりを欲している。あの陽だまりみたいな温もりを独占したい。

私自身の想い、心、気持ちが隠しようもないほどの熱を伴って叫びだす。




唯先輩が――好き。



続く

テーマ : 二次創作:小説 - ジャンル : 小説・文学

DATE: CATEGORY:連載
唯梓
前作『揺れる想い、変わらぬ笑顔(2)』の続きとなります。
拙い文章ですが、それではお楽しみください。



『揺れる想い、変わらぬ笑顔(3)』




ある程度お菓子を食べ、ジュースを飲み終えた頃。

「じゃあ、そろそろ練習しましょうか。ほら、唯先輩もギター出してください」
「うん、そうだね。――ってちがうよ、あずにゃん!」
唯先輩が重要なことを思い出したというように叫ぶ。
ちっ……気づいたか。
お菓子とジュースで誤魔化せると思ったのに。

「だから、私は晩御飯作るんだってば」
「えー憂の帰りを待ちましょうよ。きっともうすぐ帰ってきますよ」
唯先輩の手料理が嫌ってわけじゃないけど、絶対なにかのハプニングが起こるもん。
毎日振り回されてる私が言うんだから間違いない。

でも、唯先輩の手料理かぁ。
手料理って言うとなんだか新婚さんっぽいよね。
仕事から帰ってきた私に唯先輩が『おかえり、梓。ご飯できてるよ。それともお風呂先に入っちゃう?』なんて言うんだ。
それで私が『ただいま、唯。せっかく唯が作ってくれたんだし、ご飯先に頂くよ』――なぁんて。

――はっ。
ちょっと私! いったい何考えてるの。
お互いに呼び捨てにしてる姿なんて完全に新婚さんそのものじゃないか。まだ付き合ってもいないのに、新婚さんとかそんな大それたこと。
――じゃなくてっ、え? なに、私唯先輩と付き合いたいの? いやいや、今のはそういうことじゃないはずだ。そうじゃなくて、危なっかしい唯先輩から目を離すのが怖いとか、そういうことだから。

そんなことを考え、悶えていると、
「大丈夫だって、今日はカレーだって言ってたし、もう材料もあるんだから」
あとは切って煮込むだけー♪と妙な節をつけて唯先輩はキッチンへと向かってしまった。
しまった。変な妄想してる間に唯先輩を取り逃してしまった。

「し、仕方ないですね。手伝いますから、私にもエプロンください」
こうなったらこのまま唯先輩1人で料理をさせるほうが怖いと判断し、内心焦りながらもそう声をかける。
そして袖をまくり立ち上がろうとするも、タタっと戻ってきた唯先輩に肩を抑えて椅子に戻されてしまった。
「まあまあ、いいからあずにゃんはギターの練習でもしててよ。お客様なんだし、今日は私があずにゃんのために手料理を振舞っちゃうから」

だからそれが怖いんだってばーっ!
覚えてますか唯先輩。あなたは砂糖と醤油はどこだっけと歌詞を書き上げた人なんですよ!
たとえ新婚さんごっこが楽しそうだったとしても、「砂糖と塩を間違えちゃった」なんてことが許されるのはアニメの中だけなんです。

もちろんそんな心の声を素直に口に出すわけにはいかず、
「でも」だの「お邪魔している私が」だの口にしてみるが、いいからいいからと全く取り合ってもらえない。

そんな中、軽やかに振り返り、目線を合わせて唯先輩がゆっくりと告げる。
「大丈夫だから、ね? あずにゃんのために頑張りたいんだよ。だから今日はあずにゃんはゆっくりしてて?」
「……っ!」
右手におたまを持ち、左手は腰に当てた、本当に所帯じみたポーズ。それが意外にもすごく似合っていて魅力的で。

唯先輩はずるい。
こんなの……頷くしかないじゃないか。
「……はい、分かりました」
あぁ、私またドキドキしてる。さっきと同じ、ううん、それ以上に。
真っ赤になってる顔、見られちゃったな。



続く

テーマ : 二次創作:小説 - ジャンル : 小説・文学

DATE: CATEGORY:連載
唯梓
前作『揺れる想い、変わらぬ笑顔(1)』の続きとなります。読まれていない方はそちらから読んでいただけると、ほんのちょっぴり多く楽しんでいただけるかも?
では、お楽しみいただければ幸いです。


『揺れる想い、変わらぬ笑顔(2)』


さて、そんなこんなで唯先輩の家にお邪魔しているわけだが、今日の私はやっぱりどこかおかしい。
いつもなら夕飯までの時間、ギターの練習をしたり、おしゃべりをしながら過ごすのに、さっきからまともに唯先輩の顔を見れずにいる。
唯先輩はキッチンに飲み物を取りに行っており、私は部屋で一人、手持ち無沙汰に椅子に腰掛け待っているというわけだ。
――それにしても、不可抗力とはいえ唯先輩を抱きしめてから、唯先輩の顔を見るたび妙なドキドキがとまらなくなってしまった。


それは、胸の奥が引き締まるような、ぽっと火が灯るような不思議な感じ。

でも、ドキドキしてるのに不思議と嫌じゃない。

私の中の何かが、この感覚を受け入れる。もっと、もっとと急かすように。


この気持ちはいったい――何なんだろう。
そんなことを考えていると、
「あ――ゃん。ぁずにゃ――。あずにゃんってば!」
「ぅ、わぁっ!」

な、なに?! 何事!
びっくりして飛び上がると、いつの間にか唯先輩が私の顔をすぐ近くで覗き込んでいた。

「さっきから何回も呼んでるのに。どうしたの? 考え事?」
唯先輩は少し不満そうにほっぺたを膨らませながら問いかけてくる。ぷくっとしたほっぺたが柔らかそう。

っていうか、顔近いっ! 唯先輩、顔が近いですっ!
「あ、わっ……ちょ、」
「ん? ワチョーっ? ジャッキーチェーン??」
頭の上にはてなマークを浮かべ首をかしげながら聞いてくる。

「い、いやいや、違いますよ。それより唯先輩、どうしたんですか?」
動揺を無理やりねじ伏せ、飲み物を持ってきた唯先輩を手伝うふりをしながらなんとか視線を回避。

「おぉ、そうだった。えっとね、さっき憂から連絡があって、先生から用事を頼まれちゃったから少し帰るのが遅くなるんだってー」
さっきまでの疑問いっぱいの表情はどこかにいき、今度は持ってきたお饅頭に視線を取られながら告げる。
ほんと表情がころころ変わる人だなぁ。
「あ、そうなんですか。じゃあ憂が帰ってくるまでギターの練習でもしていますか?」
そういえば憂は今日日直だったもんね。ついでに捕まっちゃったのかな。
人事のようにぽけーっと考えていると、唯先輩がフンスと大きく気合を入れる気配を感じた。

「と、いうわけで! 今日は私が晩御飯作っちゃいます! 疲れてくる憂のためにも用意しておいてあげるほうがいいよね」
私の問いかけも無視し、唯先輩は自身満々な顔で高らかに宣言した。


続く

テーマ : 二次創作:小説 - ジャンル : 小説・文学

DATE: CATEGORY:連載
3作目の唯梓SSとなりますが、今回はちょっと長め。
そのSSの導入部分となります。
お楽しみいただければ幸いです。



『揺れる想い、変わらぬ笑顔』



外に出ればまだまだ汗が噴出すような日が続いているが、日差しの柔らかさが秋の到来を予感させる今日この頃。
そんなある日、部活終わりの帰り道――。


私にとっては2度目となる高校の夏休みを終え、先輩達3年生はだんだん受験勉強や模試対策で忙しくなってきているようだ。
そんな中、今日は久しぶりにHTT全員がそろって練習することが出来た。

「久しぶりにみんなで演奏するとたのしかったー。ギー太も寂しい思いをさせてごめんよー」
これからはいっぱい構ってあげるからねぇなどと言いながら、唯先輩はギー太に頬ずりしている。
自分の楽器を大切にしているのはいいことだけど、常識人の私としては周りの奥様方の微笑ましい視線が気になる。
ほら、すっごい見られちゃってますよ。

「もう、そんなふうによそ見してると転んじゃい「うわっ!」
気恥ずかしさもあり、あまりにもフワフワ歩いてる唯先輩を見かねて声をかけようとした矢先、唯先輩は見事段差に足をとられた。

「ちょっ、あぶな……っ!」
反射で唯先輩の腕を掴み、ぐいっと引っ張り、後ろから抱え込むようにして唯先輩が飛んでいくのを阻止。
危ないなぁ、このままだと地面に顔から突っ込むとこだよ。仮にも女の子なんだから、その辺気をつけてほしい。
「……っ。ほわぁ、危なかった~。ごめんね、あずにゃん。ありがとう」
さすがに驚いたのか、しばらくは私に抱きとめられたまま硬直していた唯先輩は振り返り、首を竦めて照れ笑いを浮かべた。

「……っ! もう、気をつけてくださいよ。怪我でもしたらどうするんですか」
あれ、私、何でこんなにどきどきしてるんだろ。唯先輩の笑顔なんて見慣れてるはずなのに。抱きしめていた腕を解き、じわじわと熱を帯び始めた顔を俯け隠す。
そんなこっちの状態などお構いなしに、唯先輩はやっと落ち着きを取り戻したようで、いつもと変わらぬ笑顔で私の頭を撫でてくる。
「ありがとね、あずにゃん。よしよーし」

「にゃっ、ちょ、ちょっと唯先輩! やめてくださいっ」
赤くなった顔を見られたくなくて、咄嗟に腕で唯先輩の体を遠ざけた。
わ、唯先輩の身体柔らか……っ! って、私なに考えてんのっ。

「ぶーあずにゃんのケチー。ちょっとくらいいいじゃんかー」
「よくないです! ほら、憂も待ってるでしょうし、早く帰りましょうよ」
きっと真っ赤になっているだろう顔で抗議するが、唯先輩は相変わらず。


そう、今日は金曜日。
今から明日のお昼ごろまで、平沢家にお泊りなのだ――。




続く

テーマ : 二次創作:小説 - ジャンル : 小説・文学


copyright © 2020 梨秋風月~唯梓SS+α~ all rights reserved.Powered by FC2ブログ